みやさんのミニマルライフ

ミニマリスト初心者のみやさんができるだけ最小限に生活するライフハックブログ

Androidのスマートウォッチ Android Wear は割と便利

海外で色々なモデルが発売され最近日本でも少しずつ話題になっている

Android用のスマートウォッチ「Android Wear」が気になったので

購入し一か月ほど使ってみました。

 

購入したのはMotorola社の「Moto360 Sport」のオレンジです。

 

 

スピーカー機能はついてないですが特に音を鳴らす必要はないですし

必要があればbluetoothでイヤホンをつなげることができます。

 

主な自分の使用用途は天気予報の確認、簡単なネットでの検索

イングレス、メールチェック、ナビなんかですね。

 

ほかにも心拍数図ったり万歩計の機能がついてたりします。

このスマートウォッチは自身にGPS機能がついているので

スマホ側でGPSをオンにしていなくても現在位置がわかりナビできます。

GPSは結構スマホの充電を食うので割とありがたいです。

 

今後Ver2.0でスマートウォッチ単体での動作ができるようになるらしいので

その時にもGPS機能は活躍しそうです。

 

スマホの通知が表示されるのは割と重宝してます。

Gmailなんかはアプリを入れれば

スマホを取り出さずに本文を確認することもできます。

 

lineやTwitterの返信も音声入力でできますし

こういう細かいことができるのはありがたいですね。

 

いらない通知はスマートフォン側から

スマートウォッチには通知しないように設定ができます。

 

現状だとなくても困らないのが正直なところですが

アップデートで色々実装されていくみたいなので

今後に期待できるものだと思います。

 

ミニマリストとしてこういうのを買うのはどうかと思うかもしれませんが

ミニマリストの本質の時間や余裕を増やすというのに一致しているので

ありではないでしょうか!

 

ポケモンGOがスマートウォッチに対応するといううわさもあるので

ポケモンGOをやっている方にはさらに便利なものになるはずです!

 

実装される機能によりますが

対応されればスマートウォッチが高騰するかもしれないので

買うなら早めがいいですよ!

 

でもSportは見た目があまりよろしくないので

気になるって方は「Moto360 2ndGen」や「Huawei Watch」の購入をお勧めします。

 

 

 

Surfaceに合うキーボードを探す

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

今回は自分の持っているタブレットPCSurfaceに合うキーボードを

色々試してみたのでそれについての記事です。

 

普通に使う分には専用のタイプカバーで問題ないです。

 が若干値段張るんですよねこれ。

 

使い勝手は申し分ないし

持ち運び時のカバーにもなるので大変便利でしたが

1つ問題がありまして

 

Surfaceを寝かせて使うときにとても使いにくい

自分イラストを描くことがあるんですけど

その時は寝かせて使うんですよね。

その時に専用のタイプカバーだと

Surfaceの下の端子に接続していないと使えないため

使いやすい位置に持ってこれないんですね

 

理想は画面の左上にキーボードが来るこんな感じです。

f:id:miya-trip:20160630213208j:plain

 

もう1つ不満なところがありまして

自分オンラインゲームをよくやるんですけど

プレイ中に矢印キーを使うことがあるんです。

ですがタイプカバーの矢印キーの上下が小さくて使いづらいんです。

 

 

そういうわけでいろいろ買って模索してみました。

 

これはELECOMのTK-FBP052というキーボードです。

 

基本的に文字打つのには何も問題はないですが

矢印キーが独自の配置で使いづらいです。

 

そして買ってから気づいたんですが

このキーボードはメンブレン式のキーボードでして

スペースキーを押すのに端を押しても反応しないんですよね。

 

それでも今日紹介する中で一番お手軽で使いやすいキーボードだと思います。

 スペースキーと矢印キー以外問題ないですし

スペースキーが特別だっただけで

メンブレン式だからと言って打ちづらいわけでもないです。

 

値段もお手頃なのでとりあえずで買ってもいいと思います。

 

 次にこちらELECOMのTK-FBP069です。

こちらは先ほどのとは違いパンタグラフ式で押しやすいです。

 

まず触ってみて思ったのはキーボードの高さが少し高いなと

キーまでの高さがだいたい1.5㎝でした。

先ほどのTK-FBP052は大体1㎝です。

この0.5㎝の差が結構大きく打ってて疲れそうな感じでした。

 

そして一番大きな問題があって

自分が頻繁に同時押しするキーが同時押しできない!

基本的にゲームでキャラクターを移動させるときに使うのは

WASDのキーなんですが

斜め移動に使うW⁺AキーとQキーが同時に押せないんですね

正直自分の中では論外です。

 

ただゲームしない方にはほとんど関係ないです。

タブレット用のスタンドと一体型になってまして

普通に使う分にはすごく便利だと思います。

パンタグラフのキーボードで

コンパクトなキーボードがほしい方にはお勧めできます。

 

ユニーク Bluetoothキーボード rapoo E6300 ブラック 5.6mmウルトラスリム E6300

ユニーク Bluetoothキーボード rapoo E6300 ブラック 5.6mmウルトラスリム E6300

 

 次にこちらユニーク社のRAPOO E6300

 

こちらはデザインもよく

サイズが20.5*8㎝でかなりコンパクトで持ち運びには便利です。

 

あと先ほどの2つは電池が必要だったのですが

こちらはバッテリー内蔵式で充電して繰り返し使えます。

 

ただこのキーボードはiOS用らしく

iPadなどに使うことしか想定されていないみたいで

キー配列が英語101に似た感じなんですね

日本で一般的な106などとは違い半角キーがなかったり変換キーがなかったりします。

 

あとファンクションキーにも問題がありまして

普通にESCからF12までのキーを押すと

設定されているiOS向けのホットキーとして扱われるらしく

windows本来の機能を使うには

左下にあるFnキーを押しながらでないと使えません。

自分はオンラインゲームでこれらのキーを多用するため

これはどうしてもだめでした。

それ以外は問題ないのでiOSユーザーにはお勧めのキーボードだと思います。

 

でもデザインが気に入っていてどうしても使いたかったので

AutoHotKeyというソフトでリマップというキーの置き換えを行いました。

 

ただF2とF9はwindowsでは反応しないみたいで置き換えもできませんでした。

F10からF12は既存のキーの組み合わせが設定されていたため置き換えると

通常のショートカットが使えなくなります。

具体的にはF10はCtrl+K、F11はWin⁺Z、F12はWin+Cです。

基本的に自分はこれらのショートカットを使わないので問題はなかったです。

 

使う人のためにコードおいておきます。

vkACsc132::Esc
Browser_Search::F1
Media_Prev::F3
Media_Play_Pause::F4
Media_Next::F5
Volume_Mute::F6
Volume_Down::F7
Volume_Up::F8
^k::F10
#z::F11
#c::F12

 

これでF2とF9以外は問題なく使えるようになりました。

今のところ一番理想形に近いのがこのE6300なので

しばらくはこのキーボードでやっていこうと思います。

以上が自分が試したキーボードでした。

 

ほかに使いやすそうでコンパクトなのがあれば教えてほしいです。

 

 

 

 

歯ブラシでスペースの節約

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

歯磨きをするのに歯ブラシと歯磨き粉が必要で

実は結構かさばるんですよね。

 

でも歯磨き粉がいらない歯ブラシっていうのがありました。

MISOKAっていうブランドの歯ブラシです。

これは旅行用の歯ブラシでほかの物よりコンパクトになってます。

 

これと水さえあれば歯磨きができるので

少しでも持ち物を減らしたいって方にお勧めです。

若干値段は張りますが頻繁に買い替えるものでもないので

この際いいものを使ってみてもいいと思います。

 

こういうところで少しずつ持ち物の体積を減らしていくのも

ミニマリストの楽しみだと思います。

 

服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル (ていねいに暮らす)

服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル (ていねいに暮らす)

 

 

自分の時間を増やす「アウトソーシング」という考え方

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

1日は24時間ありますが

その中で自分の時間というのはごくわずかです。

 

仕事や家事洗濯などやらなくてはいけないことで

1日に使える自由な自分の時間はどんどん減っていきます。

 

そんな中で少しでも時間を増やしたいということで

お金を使って時間を増やすという考え方「アウトソーシング」についてです。

 

簡単に言えば外部委託です。

元々はビジネス用語みたいなものなんですが

なぜかこの言葉が日常的に使われる言葉になりつつあります。

 

日常でのアウトソーシングとは

クリーニング、外食、バス、タクシーなど

自分ではなく外部の人にやってもらうことです。

 

もっと言えば

洗濯機、食洗器、掃除ロボットなんかも

アウトソーシングといえます。

 

こうしたアウトソーシングのサービスなどによって

自分の時間は増やすことができます。

 

でもできることは全てアウトソーシングでいいかというと

そういうわけにはいきません。

 

当然ですがこういったサービスなどにはお金がかかります。

なのでこういったサービスなどの中で

自分が思う費用対効果が高いもの3つ紹介したいと思います。

 

まずタクシー以外のバスや電車などの移動手段ですね。

まぁどれくらいの距離かにもよりますが……

自分は乗り物酔いしてしまうのであまり使わないですが

住んでいるところの周りだと

150円~300円くらいで使えるので

割と費用対効果は高いと思います。

 

あと自分が考える費用対効果の高いものは外食です。

食事を用意するということは結構時間がかかります。

何を作るか考え食材の準備し料理する。

食べ終わった後に食器を洗い片づける。

結構やることがあるんですよね。

 

外食の場合、何を食べたいか考え食べに行く。

たったこれだけです。

言わば食材を準備する。の時点で

食事が完成して食べれるわけです。

 

デリバリーならさらに移動する時間も短縮できます。

その代わり片づける時間が少し増えますけどね。

 

料理、片付けの時間が減るわけですから

かなりの時間短縮が期待できます。

 

費用はまちまちですが

よくある牛丼屋なら1食500円くらいで済むと思います。

 

ただ外に食べに行くという行為は

食事をするたびに外に出向く必要があり

自炊ほどではなくても結構時間がかかります。

 

なので自分は大体スーパーやコンビニの弁当を食べています。

夜は時間が合えば半額で買えるので1食500円もいかないでしょう。

 

ただ弁当の場合はゴミが増えます。

結構邪魔ですこれ

 

次に費用対効果が高いと思えるのは

掃除ロボットです。

自分は持っていないんですけど

条件が合う人ならば費用対効果はかなり高いと思います。

 

まず家でいることが多い人にはあまりお勧めではないです。

ショックセンサーで物を感知するのでかなりぶつかってきます。

なので外出が多い人向けですね。

 

ミニマリストなら物も少ないですし

ワンルームとかなら1機で全面掃除できると思います。

 

ただ気を付けていないとぶつかった衝撃で物が落ちたり

コードが絡まってしまったりするみたいです。

 

以上の3つがアウトソーシング

費用対効果が高いと思える3つのことでした。

 

自分の時間―1日24時間でどう生きるか

自分の時間―1日24時間でどう生きるか

 

 

ミニマリストを人に勧めれない3つの理由

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

今回はあえてミニマリストについて否定的な記事を書きます。

ミニマリストもあまりいいことばかりではないのです。

 

1.不測の事態に対応できなくなる。

2.以前より神経質で潔癖症気味になる。

3.断捨離がエスカレートし、余裕がなくなる。

 

以上の3つがミニマリストのデメリットです。

 

詳しく説明していきます。

 

1.不測の事態に対応できなくなる。

当然といえば当然なんですけども

生活する上で必要ないものを減らしていくわけですから

不測の事態には対応できなくなります。

 

大きいところで行くと地震などの自然災害、

小さいところだと物が壊れた。など

 

普通の暮らしをしていれば防災グッズを備えていたり

代用できるものがあったりするんですが

ミニマリストはそれがないです。

 

防災グッズくらいなら用意していてもいいんですけどね。

日常でのイレギュラーはなかなか対応できません。

 

2.以前より神経質で潔癖症気味になる。

断捨離を進めてシンプルな部屋で生活するようになると

他人の家などに行くとすごく散らかっているような気がして

落ち着かなくなります。

 

自分はミニマリストといっても

物が多いほうなのであまり気にならないですが

感じる人が外に出るだけで感じるみたいです。

 

3.断捨離がエスカレートし、余裕がなくなる。

断捨離を進めていくとあれもこれもと色々捨てたくなってきます。

そうなると常に捨てることを考えるので

余裕を求めてミニマリストになっても結局余裕がなくなります。

なんでもほどほどが大事ってことですね。

 

あとは意識の問題かもしれませんがお金は思っているよりたまりません。

すでに持っているものでもより良いものがあれば

結局お金を消費してしまうんですよね。

使う場所が減った分結構がっつり1つの物に使ってしまったりします。

 

ということで上記の3つ+αの理由で

ミニマリストはあまり人に勧められない物であると

自分は考えてます。

 

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

minimalism 〜30歳からはじめるミニマル・ライフ

  • 作者: ジョシュア・フィールズ・ミルバーン,ライアン・ニコデマス,吉田俊太郎
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2014/03/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

充電池で時間の節約

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

マウスに使っている乾電池が切れそうになったので

これを機にと思い自分が使っている電池を

全て充電池のエネループに変えました。

 

f:id:miya-trip:20160618195706j:plain

購入したのは単4エネループが合計8本、充電器、単4から単3に変えるアダプターです。

 

使い道はマウス2つに2本ずつ、キーボードに1つ、電動カミソリに1つです。

 

充電が90分で済むらしいのですが

マウスとキーボードが一時的でも使えなくなると困るので

充電中に使用する用で予備も2本買いました。

 

これで電池の買い置きの必要がなくなるのと

買いに行く頻度が減るので時間の節約になります。

 

エネループの容量が750mAhで2100回繰り返し使えるそうです。

通常のアルカリ乾電池は900mAhくらいらしいので

大体1750本分になります。

 

充電器の値段併せてもアルカリ1本分あたり1.6円くらいで

電気代入れても2円行かない計算です。

 

値段でみても充電池のほうが節約になります。

 

1つ問題があるとすれば充電池の単4は

アルカリ電池の単3に比べて容量が1/3ほどしかないので

アダプターを付けて使っている分は

すぐ充電がなくなりそうだということですかね。

 

まぁキーボードに使っているだけなので

そこまで気にするほどではないです。

 

しばらく様子を見て何かあればまた記事にしようと思います。

 

 

 

捨てることを目的にしてはいけない

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

断捨離を始めるとだんだん捨てることが目的になり

本来の目的を忘れることがあります。

 

あまりに意識しすぎるあまり

「捨てなきゃ」ってなっちゃうんですよね

 

ミニマリストの捨てる目的は

「必要のないものだから」

であることをわすれてはいけないです。

 

捨てることに必死になりすぎるあまり

逆に余裕がなくなってしまい生活しづらくなります。

 

自分はミニマリストだからそれでいいんだ

っていう人なら別にかまいませんが

ミニマリストになるということは

手段であり目的ではないと自分は思います。

 

生活しやすくするため、余裕を作るための手段であり

結果ミニマムな生活になるというだけなのです。

 

でも本当に必要なのかわからないときもあります。

その時はしばらく使わない生活をしてから捨てるものいいと思います。

 

ないと不便ならおいておくべきですし

なくても問題なく生活できるのであれば捨てればよいです。

 

でもテレビなんかの場合は違ってきます。

 

テレビを捨てる場合はなれるまでに時間がかかります。

自分は元からテレビをほとんど見なかったので

ない生活に慣れていますが

あるのが当然の生活をしていると

なくなったときに落ち着かなかったりします。

 

そういう時は代わりの物を用意してから捨てるべきだと思います。

テレビなら情報や本当に見たい番組はスマホやパソコンで見ることができます。

 

そうすることでない生活に慣らしていくことも時には必要ですね。

 

思い切りは必要ですがあくまでも捨てるのは手段である

そのことを忘れないように節度を持って断捨離しましょう。