みやさんのミニマルライフ

ミニマリスト初心者のみやさんができるだけ最小限に生活するライフハックブログ

ミニマリストの生活水準はむしろ高い

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

ミニマリストは生活水準が低い。

そう思っていませんか?

 

そもそも生活水準とは曖昧なものであり

判断材料が違えば結果はバラバラになるものです。

 

そもそも生活水準とは何か

家族の内部構造や構成とともに、家族の生活のあり方が物質的に

あるいは精神的にどの程度の水準に達しているかの基準。

wikipediaには書かれている。

 

物質的な生活のあり方とは

単純に物が多ければよいのかと言われればそうではないと思う。

 

では精神的な生活のあり方とは何か、

それは幸福度や満足度、時間や心の余裕だと自分は思います。

 

自分がこの生活に満足しているか?

幸福を感じるか?という精神的な部分が大きいと考えています。

 

物質的に物が多くても結局使わなければ何も変わらないし

むしろスペースをとっている分無駄だといえる。

 

増え過ぎて管理したり使ったりできなくなれば

物質的な生活レベルは頭打ちだと思うんですよね。

 

なら物がなくても不自由がなければ物質的な生活レベルは満たしていると言えるし

今の生活で満足し幸福を感じていれば精神的な生活レベルも満たしているといえる。

 

結果ミニマリストになっても、無理をして物を減らしていない限りは

生活水準は低くない、むしろ精神的余裕ができ高くなったと言える。

 

というのが自分の考えです。

結論付けるには全然足らない文だと思いますが

世の中の基準で比べたってしょうがないので自分で考えたほうがいい

って言いたいだけです。

 

世の中の基準なんて結構歪んでるものです。

物を売って経済を回したいから

生活水準を上げようなんて言ったりしているかもしれないですし

真意はわからないですが強く主張されるものの裏には大体何かあると思ってます。

 

今日は以上です。皆さんも自分の考えで満足いく生活を送ってくださいね!

 

「自分」で考える技術

「自分」で考える技術

 

 

 

 

 

断捨離の基本は売らずに捨てる

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

今更ですが物を捨てるにあたって自分が考えている基本的なことです。

 

まず何を捨てるかですが日用品など生活品以外の物はよほどの執着がない限り

最近つかってないものはいらないものとして捨てる候補にします。

簡単に捨てれるものならそのままゴミ箱に直行です。

できないものは処分方法を考えてなるべく早く捨てます。

 

大事なのは捨てることです。

売ったりすることは未練になりやすく時間も取られる為

よほどの高値が付かない限り結局ためにならないことがおおいです。

 

捨てればある程度の踏ん切りがつきます。

 

よく空白の理論という言葉が出てきます。

物がなくなればその場所は空になる。

売れば入るのはお金だが、捨てればまた別のものが入ってくる。

というものですが、要は気持ちの問題です。

 

見返りで何か手に入れば意識していなくても

このお金はあれを売ったからもらえたものだ

売ったから買えたものだという

無駄な意識が頭のどこかに残りやすいです。

 

値段に見合う活躍をしたものならば未練なくすれてますが

値段に見合わないものだった場合、後悔が残ります。

次買おうとしたときに考えるようになり

値段に見合わないものを買うことが減ります。

 

こういう意識が生まれることでいらないものが減り

いいものが入ってきやすくなるんです。

 

もう1つは時間に対しての対価が少ないことです。

何かを売るってことは持って行ったり送る時間や

オークションに登録する時間がかかります。

物を売るって行為は結局物+時間の対価にお金をもらっているんです。

 

たかが5分くらいのことかもしれないですが

さっさと捨てて余った時間を

自分のことに使ったほうが有意義であると考えてます。

 

以上が自分が考える断捨離の基本です。

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)

モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ (DO BOOKS)

 

 

自分で納得し選ぶということ

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

ミニマリストになると若干お金に余裕ができ

少し高価なものも選べる余裕が出てきます。

 

ただ、むやみに高価なものを買うのではなく

本当に自分が必要なものなのか考えてから買おう

っていうお話です。

 

いくら高くても機能面で安物と変わらなければ

「自分は高価なものを使っている」

という優越感しか得られず

また、物に依存する原因にもなり得ます。

 

なので、それは本当に値段に見合ったものなのか考え

用途に合ったものを選ぶことが大切です。

 

 

自分が最近買ったものだとパソコンですね。

 

パソコンの主な用途が

ゲームする、イラストを描く、ブログを書く、動画を見る、調べものをする

この5つなんですが、ゲーム、イラスト以外の3つは最悪スマホがあればできるので

この2つと持ち運びやすさを重視し選びました。

 

結果surface pro3というタブレットPCになりました。

予算が10万円程度だったのでゲームをするという部分はかなり妥協し

できなくはないレベルのスペックのパソコンになりました。

ゲームやめればもっと安いタブレットPCで済むんですけどね……

 

今まで使っていたパソコンとくらべるとこんな感じです。

左が今までのパソコン、右が新しいパソコン

f:id:miya-trip:20160610115911j:plain

比べるとだいぶスペースに余裕があります。

 

いままでのパソコンはイラスト描くときは

手前側にあるペンタブレットを使って書いていたのですが、

新しいパソコンはタッチ機能付きで筆圧も感知されるので

画面を寝かせて、キーボードの横にあるペンで画面に直接書き込めます。

ここが一番コンパクト化できた部分ですね。

 

キーボードは専用のものだと寝かせて使うときに使いづらいので

bluetoothでつなぐものを使っています。

 

 

こんな感じで自分の予算、用途をかんがえ自分に合ったものを買うことが大切です。

ただ高価なものだからという理由で買っても使わなくなったりしますしね。

 

これはミニマリストでなくても言えることだと思うので

みなさん物を買うときは一度考えてみてください。

 

 

モノは最低限、幸せは最大限 (ていねいに暮らす)

モノは最低限、幸せは最大限 (ていねいに暮らす)

 

 

 

保管してある紙媒体の物を減らす

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

本や契約書など邪魔だけど捨てれないものって結構あると思います。

数が増えれば整理も大変ですよね。

 

自分はそういうものはほとんど電子化してPCに取り込んでしまいます。

電子化してしまうことでデータはほぼすべて

USBメモリなどの記憶媒体に入ってしまうので持ち運びにも便利ですし

名前を付けたりフォルダにわけることで整理され必要な時に見つけやすくなります。

 

漫画や雑誌などは最近は電子書籍化がすすみamazonなんかでも買えますし

調べれば結構な数の販売サイトが出てきます。

 

契約書などを電子化する場合は自分でスキャナを使うんですが

電子化に必要なスキャナは買わなくてもネットカフェに行けば貸出できますし

数が少なければコンビニに行けばマルチコピー機でスキャンすることも可能です。

ただコンビニだと1枚30円ほどかかるのであまりお勧めできません。

 

ネットカフェなら1時間300円台でいけると思います。

ただスキャナおいてあるかどうかは確認してから行った方がいいかもしれないです。

自分のよくいくネカフェは大体おいてあるのですがたまにない店があって困ることがあります。

 

以上紙媒体の電子化についてでした。 

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

 
Kindle for Android

Kindle for Android

 

 

 

ミニマリストの基準や必要なもの

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

今日はミニマリストになるにあたって注意することです。

 

ミニマリストになろうと思ったときに

こうやって記事などを書いてるホームページを見て

それを真似しようとすると思うんですけどそれは違います。

 

ミニマリストとは

「持ち物をできる限り減らし、必要最小限で暮らす人」

のことですが、

 

そもそもこの必要最小限って誰から見て必要最小限なのかが重要です。

 

ミニマリストになって評価されるわけでもないのに他人の基準で物を捨てても

かえって負担が増えて心の余裕や時間の余裕がなくなります。

心、時間、お金の余裕をバランスよくとることが必要です。

 

お金のためだからと言って消耗品を使わなくなったり

時間のためだからと言って自動掃除ロボや出前を頼んでいると

ほかの余裕がなくなるので結果的に心の余裕がなくなります。

 

部屋に物があふれかえっていてもそれが自分にとっての必要最小限ならばいいのです。

あくまでも自分の基準で必要最小限のものを考える必要があります。

 

例えば自分はパソコンを2台持っています。

でもそれが必要だから持っているわけで

別に他人の基準に合わせて捨てる必要はないのです。

 

他人のホームページで真似するのは

本はどうやって減らすか、シャンプーやボディーソープは何で統一しているかなど

必要なものを持ちつつどれだけ省スペース化するかの参考程度に留め

自分の基準で考えてみることをお勧めします。

新・片づけ術「断捨離」

新・片づけ術「断捨離」

 
人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

一番減らしやすい物

ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

ミニマリスト目指して断捨離するにあたって一番最初に捨てたものは服でした。

 

7段のタンスに入りきらないほどの服があったのですが

今は5段ほどで収まっています。

 

5段って大したことないんじゃない?って思うかもしれないですが

実はそのタンスの中身も実際には全く着ておらず捨てる候補です。

実際に使っているのは着ている物とカバンに入っている物、季節物を合わせて

下着類2セット、シャツ2着とズボン2本、パーカー1着とコート1着です。

コートを除けばすべてカバンに収まるレベルで減らせました。

 

きっかけは住み込みの仕事を始めることになったときですね。

基本2か月ごとに移動するのでそのたびに荷物を整理していたら大変だと思い

かばんにほとんど収まるようにしたんです。

 

最初は下着も予備併せて4セットあったんですが

毎日選択していたので結局使わずに2セットまで減らしました。

 

今は実家暮らしですがそれでもカバンの中の物だけで生活しております。

 

これで本当に1年中春夏秋冬対応できるかなのですが

まず春はシャツ2枚と寒ければパーカーの重ね着で過ごします。

夏はシャツ2着とパーカーの着回しです。

腕まくればそこまで長袖であることは気にならないです。

秋は基本春と同じで寒ければコートを着ます。

 

パーカーとか洗う暇ないんじゃない?って思うかもしれないですが

外出しない日が結構あるのでその日に洗ってしまえば何とかなると思います。

 

まだ実際に経験したのは2月からなのでどうなるかわかりませんけどね。

服を捨てると幸せが見つかる 毎日が心地よく変わる「片づけ」レッスン

服を捨てると幸せが見つかる 毎日が心地よく変わる「片づけ」レッスン

 
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

自分が思う”ミニマルライフ”の利点

ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

物を減らし執着をなくすことで心に余裕ができる

 

物を減らし買うものも減らすことでお金に余裕ができる

 

物を減らし悩む時間を減らすことで時間の余裕ができる

 

ミニマリスト、ミニマルライフの利点は大体上記の3つだと思います。

 

 

詳しく内容を書くと

物を減らし執着をなくすことで心に余裕ができる

これは物を捨てることで部屋も広く使えるようになり

物に対しての執着を減らし物に縛られなくなり心に余裕ができる。

結果ほかの二つの結果ももたらすことになります。

 

物を減らし買うものも減らすことでお金に余裕ができる

執着がなくなれば物欲も減るので必然的にお金をほかに使える余裕ができて

持っているものの質を上げたり、貯金することが可能になります。

旅行など気分転換に使えるお金も増えるので結果心の余裕にもつながります。

 

物を減らし悩む時間を減らすことで時間の余裕ができる

生活の中での選択肢を減らしていくことで時間に余裕ができます。

悩むとは違いますが物が減れば掃除も楽になるので時間に余裕ができます。

くつろいだりして休む時間ができるので結果心の余裕につながります。

 

 心の余裕、お金の余裕、時間の余裕

この3つは相互関係にあり

どれか1つに余裕ができてくると

ほかの2つにも余裕ができてくると思っています。

 

 

これからは基本的に

自分の持ち物や環境について書いていくと思います。

よろしくお願いします。

毎朝、服に迷わない

毎朝、服に迷わない

 
ミニマリストという生き方

ミニマリストという生き方