みやさんのミニマルライフ

ミニマリスト初心者のみやさんができるだけ最小限に生活するライフハックブログ

自分の時間を増やす「アウトソーシング」という考え方

こんにちは!ミニマルな生活を目指し日々断捨離を続けているみやさんです。

 

1日は24時間ありますが

その中で自分の時間というのはごくわずかです。

 

仕事や家事洗濯などやらなくてはいけないことで

1日に使える自由な自分の時間はどんどん減っていきます。

 

そんな中で少しでも時間を増やしたいということで

お金を使って時間を増やすという考え方「アウトソーシング」についてです。

 

簡単に言えば外部委託です。

元々はビジネス用語みたいなものなんですが

なぜかこの言葉が日常的に使われる言葉になりつつあります。

 

日常でのアウトソーシングとは

クリーニング、外食、バス、タクシーなど

自分ではなく外部の人にやってもらうことです。

 

もっと言えば

洗濯機、食洗器、掃除ロボットなんかも

アウトソーシングといえます。

 

こうしたアウトソーシングのサービスなどによって

自分の時間は増やすことができます。

 

でもできることは全てアウトソーシングでいいかというと

そういうわけにはいきません。

 

当然ですがこういったサービスなどにはお金がかかります。

なのでこういったサービスなどの中で

自分が思う費用対効果が高いもの3つ紹介したいと思います。

 

まずタクシー以外のバスや電車などの移動手段ですね。

まぁどれくらいの距離かにもよりますが……

自分は乗り物酔いしてしまうのであまり使わないですが

住んでいるところの周りだと

150円~300円くらいで使えるので

割と費用対効果は高いと思います。

 

あと自分が考える費用対効果の高いものは外食です。

食事を用意するということは結構時間がかかります。

何を作るか考え食材の準備し料理する。

食べ終わった後に食器を洗い片づける。

結構やることがあるんですよね。

 

外食の場合、何を食べたいか考え食べに行く。

たったこれだけです。

言わば食材を準備する。の時点で

食事が完成して食べれるわけです。

 

デリバリーならさらに移動する時間も短縮できます。

その代わり片づける時間が少し増えますけどね。

 

料理、片付けの時間が減るわけですから

かなりの時間短縮が期待できます。

 

費用はまちまちですが

よくある牛丼屋なら1食500円くらいで済むと思います。

 

ただ外に食べに行くという行為は

食事をするたびに外に出向く必要があり

自炊ほどではなくても結構時間がかかります。

 

なので自分は大体スーパーやコンビニの弁当を食べています。

夜は時間が合えば半額で買えるので1食500円もいかないでしょう。

 

ただ弁当の場合はゴミが増えます。

結構邪魔ですこれ

 

次に費用対効果が高いと思えるのは

掃除ロボットです。

自分は持っていないんですけど

条件が合う人ならば費用対効果はかなり高いと思います。

 

まず家でいることが多い人にはあまりお勧めではないです。

ショックセンサーで物を感知するのでかなりぶつかってきます。

なので外出が多い人向けですね。

 

ミニマリストなら物も少ないですし

ワンルームとかなら1機で全面掃除できると思います。

 

ただ気を付けていないとぶつかった衝撃で物が落ちたり

コードが絡まってしまったりするみたいです。

 

以上の3つがアウトソーシング

費用対効果が高いと思える3つのことでした。

 

自分の時間―1日24時間でどう生きるか

自分の時間―1日24時間でどう生きるか